上流の仕事で必要なスキル

上流の仕事で必要な知識と能力とは?(Vol1-2)

◆それでは、転職の話に進んでいきたいと思います。現在のご職業と仕事内容は?
今の職は、基本的には前職と同じでシステムエンジニアをやっています。ただ、上流工程をやっています。

 

前職は詳細設計以降といって、詳細設計に基づいて、プログラミングしてテストして納品するという仕事でしたが、今は、お客様のところに行って、やりたいことを聞いてきて、それを設計して、以降の工程を専門のチームに渡すということをしていますね。

 

◆お客さんは結構、変わっていくのですか?
お客さんは頻繁に変わるかというと、そうでなくて大きな案件をずっとやっている感じです。
お客さんは証券会社なので、前職の経験を活かせていますよ。

 

というよりか、その経験を見て、今の会社はわたしを採ってくれたんだと思います。

 

ただ、同じ転職組でも、まったく証券に関わったことがない人もいますので、一概にはそうとは言えないと思いますけど。

 

◆やっぱりSEもお客さんに関する業務知識がものを言いますよね。
実は業務知識も必要は必要なのですが、上流をやるに当たっては、これまで求められてきたものとは違いました。

 

これまでは、与えられた仕事を正確にやることが、最も大事なことでしたが、今は、どういう風に進めるか。自分で考える力が求められています。

 

例えば、Aという仕事を進めていくに当たり、3つの選択肢があるとすると、自分はその3つの中から、どれでやるかを決めなければいけない。

 

仕事の進め方が上手くないと、かなり苦労しますし、同じSEでも作業の進め方がまったく違うということで、転職直後は、かなり苦労しました。

 

◆会社の雰囲気は良さそうですね。
雰囲気は、とても良いですね。
社会人として、しっかりしているというか、前職は仕事中に携帯のメールとか打ち出す人がいて、社会人としてどうかな?って人が多かったですけど、今の職場では、まったくそんなことないですね。

 

◆それは何ででしょうね?
今の会社は、次長とか部長が、本当に仕事ができる人がなっているからチームワークが取れているんだと思います。

 

◆会社の規模はどのくらいなのでしょうか?
社員数は1,000人くらいですね。チームとしては6、7人くらいで動いていて、そこに協力会社さんが加わる感じです。

 

◆お仕事は忙しいですか?
今は少なくて50時間で、多い時で100時間超ですね。2年目ですが常にそういうペースです。

 

尊敬する友人の退職が大きなきっかけ(Vol1-3)

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア