知人の紹介でフリーになることを考えました!

フリーとして独立した理由は知人の勧誘(Vol2-3)

◆前職を辞めた理由というのは?
将来や給料に対する不満ですね。
5年間、ずっと同じ現場で働かされてきて、ものすごい閉塞感を感じていたんですよ。

 

その現場には、10年以上働き続けている人も上司にいたんですけど、その人みたいに10年そこにいて、いきなり首を切られたとしたら、その現場ひとつの経験しかなかくて応用が効かないし、そう考え始めるともっといろいろな仕事をしてみたい。

 

という気持ちが高まってきてたんですね。
あと、給料が安かったということも、不満のひとつですね。

 

あんまり働いていない上司が給料を高くもらって、バリバリ働いている若手が給料を安く抑えられているっていう状況は、おかしいな。と思うんですよ。

 

◆フリーにはどうしたらなれるんでしょうか?
前職の時の協力会社さんにいたフリーの人から誘われました。

 

ぼくが会社を辞めるという話をした時に、ちょうどその人と仲が良かったですから、うまいタイミングで誘われたんですね。

 

本当は異業種に転職する予定だったんです。

 

なので、会社に辞表を出した段階では、次のことは決まっていなくて、本当に辞める間際にフリーの人から誘われたんです。

 

◆会社を辞めるに当たって、周囲の反対はありましたか?
特になかったですね。
親には辞めるかもというような、あいまいな感じで伝えてはいましたけど、特に反対されるようなことはありませんでした。

 

◆実際に辞めるのにどれくらいかかりましたか?
会社を辞めようと思ったのが、4年目くらいだったと思います。

 

それから1年以上は、前職の仕事は忙しすぎて、とても言い出せる状況ではありませんでした。

 

とりあえず、その前職のプロジェクトをきちんとリリースして、現場が収束するまでは。
という感じでした。

 

◆フリーになるに当たり面接等はあるのですか?
その前職で出会ったフリーの方に紹介された会社の方と、結局は2回ほどの面接がありました。

 

1回目の面接は、面接と言っても顔合わせ感覚でしたね。
居酒屋で、相手の会社の営業の方1名と、ぼくとその誘ってくれたフリーの方の3人で雑談まじりに仕事の話をしたという感じです。

 

多少は、前職でどういうことをやっていたか?なども話しましたけど、居酒屋ですから、それほど緊張するムードというわけでもなく、ざっくばらんな感じの顔合わせでした。

 

でも、その営業の方っていっても、その人は取締役なんですよ。
その紹介されたところは、あまり大きい会社ではなかったですから、最初は居酒屋面接だったということもありますね。

 

2回目は、実際の現場責任者の方との面接でした。
そこでは、前職の内容を重点的に聞かれました。

 

例えば、どういうポジションでどのような業務をやっていたか?とか、どういう工程を担当していたか?前職では、何年働いていたか?
などですね。

 

それで、その場で直接、採用ということを言い渡されました。

 

フリーSEのメリット・デメリット(Vol2-4)

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア