転職エージェントの使い方

転職エージェントは徹底活用すべし(Vol1-4)

◆転職サイトは、いくつ利用されましたか?
2つですね。
「リクナビNEXT」と「インテリジェンス(現DODA)」

 

◆リクルートNEXTとインテリジェンスのどちらを重点的に利用されましたでしょうか?
実際に使ったのは、ほぼ「インテリジェンス」のみですね。

 

インテリジェンスは、転職コンサルタントというかエージェントの人と会って、こちらの要望を伝えると、その人が面接の日程から会社選びまで全部やってくれるんですよ。

 

反対にリクルートは、サイト上で自分で検索して探すものだったので、楽なインテリジェンスを利用したというわけです。

 

◆転職面接は何回くらいで、どのようなことが聞かれましたか?
一社目は、筆記があって、面接の2回目で落ちました。
二社目は面接が2回あっただけです。

 

それで、面接の1回目は、現場の部長との面談で、2回目は現場の役員が出てきました。

 

たぶん、1回目の面接に合格したら、2回目で落とされることは、ほぼないという印象でした。
聞かれたことは、やっぱり「前職でやってきたこと」が中心です。

 

後は「なぜ転職しようと思ったか?」ですね。

 

「それとその会社について何か知りたいことがあるか?」というのは、どちらの会社でも聞かれましたね。

 

お互いのミスマッチを防ぐという意味があったんだと思います。
そうだ、あと「仕事で失敗した時にどう対応したか?」っていうことは、結構、深く聞かれましたね。

 

◆その中でうまくいった面接テクニック等あったら教えてください。
アドバイスするとしたら、自分が何をやってきたかというのを、うまく言葉で説明できるようにしておくということですね。

 

何をやってきたかではなくて、どう相手に伝えるかが大事だと思います。
転職本とかは参考にしませんでしたね。

 

◆反対に「転職失敗談」などはありますか?
2社受けて最初の1社は落ちてしまったのですが、その時の面接官に、こっぴどく打ちのめされたことでしょうか。

 

「あなたは転職して何がしたいの?」「うちの会社でどうしたいの?」
って言われて、自分は「上流をやりたい」としか言えなくて、うまくいきませんでした。

 

あと「自分の年収を低く見積もりすぎた」っていうことはありますね。

 

記入シートや面接中にも、希望年収が聞かれるんですが、そこに遠慮して低く書いてしまっただけに、適正金額よりも低く設定されてしまったような気がします。

 

どうやら、年収の相場があって、そこから上下20%くらいは、変動するみたいなんです。

 

だから、その相場を大きく越えることはあっては良くないと思いますが、自分の年齢、経験に基づいた相場の上限を調べて、できるだけ高く自分の価格を見積もった方が良いと思いますね。

 

年収の相場を調べるのに、もっと転職エージェントの方に聞けば良かったです。

 

エージェント転職サイトに無料登録するだけで利用できますので、本当に徹底的に活用した方が良いですよ。

 

自分も、情報を引き出したり、もっと活用しておけば良かったかなと思ってます。

 

◆最後に、転職の満足度を100点満点で教えてください。
仕事面は80点です。
1個足りない分は、まだまだ今の職場で勉強しなくてはいけないところがあるからですね。

 

お金の面は60点ですね。前職と同じくらいです。
去年のハードな仕事量を考えると、とても満足いかない給料ですから。

 

ただ、先輩とかを見ると、結構もらっているみたいなので今後の期待値は高いです。

 

◆下流工程のSEから上流工程のSEに転職した石野さんでした。ありがとうございました。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア