なぜ社内SEに転職しようと思ったのか?

なぜ確定した要件定義が却下・変更されるのか?(Vol2-1)

私は15年間SEとして仕事をしてきました。

 

上流工程の要件定義に関わり始めたのは20代後半辺りからで、それまでは、

  • 機能設計
  • 詳細設計
  • PG
  • テスト

など、SEとPGを兼任しつつ、上流工程の一部を行うような仕事をしていました。

 

常に不満だったこと

要件定義など、お客様と直接話しを始めた段階では、「お客様の作ってほしいもの」に対して提案を行い、さらに付加価値の高いシステムを作るように心がけてきました。

 

しかし、どのお客様と要件定義の打ち合わせをしても、必ずと言っていいほど

  • スケジュールが遅れ気味になったり
  • 残業時間が多くなってしまう

という状態でした。

 

要件定義が変更される理由

 

この原因を本質的なところで理解したくて、お客様であった会社の社内SEへ転職し、社内SEの目線で物事を見てみたいと思いました。

 

私が社内SEへ転職したのは、上記の理由が大きかったです。
さらに、具体的に言うと、以下の2つとなります。

 

(1)確定した要件自体が変わり、要件定義が進まない

お客様の会社の社内SEと要件定義の打ち合わせを行うと、前回打ち合わせ時に確定された事項が翌週には「却下・変更される」など、要件定義自体がスムーズに進まず、遅れの原因となっていました。

 

なぜ確定事項が簡単に却下・変更されてしまうのか?

 

そこがSIerのSEの立場からはわかりづらいと思っていました。
そこを自分の中でどうにかもっと身近に感じたかったのです。

 

(2)新しいシステムを実際にユーザが使っているところを見たい

私が働いていた会社では「要件定義〜運用・保守まで」を行っておりました。

 

使いにくい箇所の改善などは社内SEの方から依頼されていたので、直接システムを使用しているお客様から、使用感などの感想を聞くことが出来ませんでした。

 

そのため、実際にシステムを使用しているお客様から、

  • 使いやすい箇所
  • 使いにくい箇所

の生の声を聞きたかったのです。

 

そうすれば、社内SEの方から依頼される改善案よりも、もっと良い改善が行えるのではないかと思っていました。

 

そう言ったところを、社内SE側の立場から経験したいと思って、私は転職を決意したのです。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア