社内SEの転職体験談そして実際に働いてみて

社内SE 記事一覧

社内SEになってからも技術力を継続させるには?(Vol1-1)

社内SEに転職して感じたことは、周りの社員の技術力の低さです。これには2つの原因があることが分かりました。1つ目:同じものばかり使い続けて知識がストップ1つ目の原因として、社内SEは1度システムを入れると数年間同じシステムを運用し続けるという点にあります。SIerにいると顧客に納品するシステムは最新...

続きを読む

感じるストレスの違い(Vol1-2)

SIerのSEは他の仕事と比べても、ストレスが比較的高めな仕事だと思います。なぜならシステム導入の時はどうしても納期が決まっており、その期間内にお客様に納品しなければならないからです。しかし「様々なトラブルで納期までに納品することが難しくなってしまった・・・」そんな経験SEの皆様はお持ちだと思います...

続きを読む

部長どまり?社内SEのキャリアパス(Vol1-3)

SIerでのSEは、その企業のプロフィットセンターであり技術系のキャリアパスの中でメインストリームです。一方、社内SEはというと、経理総務人事と同様に間接部門の一員となりコストセンターとなります。具体的な役職で考えるとSIerの直接部門には部署が多くあり、その中で課長や部長など分かりやすい形でSEと...

続きを読む

社内SEはデスマーチがあるの?(Vol1-4)

SEになったら、誰もが一度は経験するのがデスマーチですよね。私は開発ではなくインフラエンジニアでしたが、このデスマーチに何度も遭遇しました。インフラエンジニアのデスマーチは本来動作予定の機能が動作しなかったり、数百台のスイッチが目の前にあって明日までに納品しなきゃいけないのに2人しかいなかったり、概...

続きを読む

コミュ力も必要な能力だけど、やっぱり技術力が大事(Vol1-5)

Sierで働いてから、社内SEとして転職して8年目の私の仕事内容をお話しさせて頂きたいと思います。そこから、社内SEとして必要な能力について導き出していきます!社内SEの実際の仕事とは?私の役割はネットワークを全般を担当しており、スイッチルータファイアーウォールなどのネットワーク機器の管理を任されて...

続きを読む

社内SE転職時の面談内容と面接回数(Vol1-6)

私が社内SEとして転職した時、また入社後に管理職になって面接した時のお話をしたいと思います。社内SEの実際の面接は?社内SEだからって面接が何か特殊かというとそういうことは無く、多くの会社では普通のSEと同様に3〜5回の面接が実施されます。初めは自分の直属の上司となる課長やマネージャー、次に部長クラ...

続きを読む

社内SEからもう一回転職する難しさ(Vol1-7)

社内SEを長くしていると新規導入をSIerに依頼することが多くなっていきます。そして、業務の大半がユーザ調整ベンダコントロールに集中してしまうことで、技術力が停滞・低下してしまいます。IT業界で数年も技術が停滞してしまうとキャッチアップするのはものすごく大変な作業になってしまいます。その為、SIer...

続きを読む

近すぎるユーザとの距離感(Vol1-8)

SIerのシステムエンジニアの場合、そのシステムを実際に利用するのは、違う会社の社員がお客さんとなります。その為、ユーザとの距離はビジネス関係がメインとなり適度に離れています。社内SE独特のユーザとの距離これが社内SEとなると、ユーザは全て同じ社内の人間となります。言い方は色々ありますが、同僚上司部...

続きを読む

社内SE8年目の感想(Vol1-9)

前職のSIerに5年、社内SEになって8年目の管理職ですが、単純に私自身が社内SEになって良かった面、悪かった面をあげて行きたいと思います。良かった点サポートするユーザと仲良くなれる社内SEだとお客さんではなくて同僚です。サポートする相手も同僚です。4000人の会社ですがサポートする相手って結構決ま...

続きを読む

なぜ確定した要件定義が却下・変更されるのか?(Vol2-1)

私は15年間SEとして仕事をしてきました。上流工程の要件定義に関わり始めたのは20代後半辺りからで、それまでは、機能設計詳細設計PGテストなど、SEとPGを兼任しつつ、上流工程の一部を行うような仕事をしていました。常に不満だったこと要件定義など、お客様と直接話しを始めた段階では、「お客様の作ってほし...

続きを読む

35歳で紹介予定派遣(Vol2-2)

私が転職を決意したのが35歳という転職には難しくなる年齢でした。参考:35歳定年説の嘘と本当そのため、転職をしたいと思っても、失敗した時のリスクを考えると、なかなか一歩が踏み出せない状況が続いていました。一歩、踏み出すキッカケ私は東京で仕事をしていましたが、ふと地元の大手企業の求人を見たところ「.N...

続きを読む

プレゼンもあった正社員採用面接(Vol2-3)

紹介予定派遣として5ヶ月が経ち、私の実力自体が認められた為、正社員採用の面接を受けて欲しいと上司より言われました。この会社の通常の中途採用であれば、いきなり面接を実施するのが一般的なようです。ですが、私が35歳という管理職前提の年齢であった為、課長だけでなく部長の後押しを得るためにも、部長に対してプ...

続きを読む

7割の仕事が社内のヘルプデスク(Vol2-4)

私が社内SEの紹介予定派遣として働き出した求人は、.NETJAVAなどの経験者の募集でした。しかし、紹介予定派遣として採用されて、実際に社内SEの仕事をしている段階で分かってきたことがあります。それは、社内SEは社内システムの開発及びメンテナンスは行いますが、1日のうちの7割以上の仕事は、社内従業員...

続きを読む

社内SEの給料・年収面の違い(Vol2-5)

私が前職でIT業界にいた時は、月々の給料は「基本給+技能給+残業代」のような形でした。また、残業時間が45時間、80時間など、36協定に収まる形でギリギリまで残業を行うことが日常茶飯事だったため、振り込まれる額の半分が残業代ということが普通でした逆に、残業がないと生活が辛い残業をすることで貯金ができ...

続きを読む

転職した会社の組織・働いている人の雰囲気(Vol2-6)

私が社内SEとして転職して入社した会社は、自動車パーツを開発・製造しており、業界の中では大手の方になります。社内の仕事は大きく、デスクワーク工場勤務の2つにわかれていますが、社員の雰囲気に違いはありません。自動車製造に関係なく、大手メーカーの工場での勤務経験をお持ちの人だと分かると思いますが、皆が同...

続きを読む

社内SEとして働く前に聞いた上司からのアドバイス(Vol2-7)

紹介予定派遣から正社員になる時に、上司から社内SEの悪いところを説明されました。例として何点か挙げていきたいと思います。(1)ある意味、仕事は適当社内SEが内作でシステムを作ることもあります。ですが、社内のシステムのためスケジュールが適当なことが多いです。また、予算により無理やりスケジュールが伸ばさ...

続きを読む