SEは35歳が定年と言われている理由

35歳定年説の嘘と本当

SEには「35歳」や「40歳」を境に定年説がありますよね。
それって本当なのでしょうか?

 

もう辞めないといけない年齢なの?

 

私の勤めていた会社は下請け企業でしたが、周囲の状況を見ていた限りですと、会社にもよるとは思いますが、ほとんど噂として考えておいて良いのではないかと思います。

 

もちろん、ガリガリとプログラミングをするという仕事は年齢が上がるにつれて減っていきます。

 

小さいとは言えどもチームのマネージャー的な役割を任されるようになると、

  • 仕様を考えること
  • メンバーの進捗管理

というような仕事が増えてくるからです。

 

ですから35歳や40歳くらいになると、SEを定年になるのではなくて「中間管理職」のようになるという意味の方が正確ではないかと思われます。

 

ですが人によっては、この管理職化を「嬉しい」と思う人もいれば、「不満」に思う人もいます。

 

「嬉しい」と思う人は、どちらかというと出世を喜ぶタイプの人です。

 

こういう人は、人を管理したり役職が上であるということが何よりの喜びであるようで、ですから「管理職」という立場が大好きなのです。

 

一方「不満」を感じる人というのは「学生の頃(早ければ小学生)からプログラミングをやっていました!」というような根っからのプログラマータイプの人です。

 

こういうタイプの人はプログラミングスキルを磨くことが目的としてあるので、コードが書けない管理職の立場を避けたがる人もいるのです。

 

個人的には、こういう生粋のプログラマーは「SI業界に入ってしまったこと自体が間違いであるよなぁ。」と思っています。

 

こんなピラミッド構造に支配される業界ではなく、本来なら自分の力を発揮できるGoogleなどを目指すのが正解だと思います。

 

ですが、そんなプログラマータイプの人を受け入れる企業が日本には少ない。ということが、このミスマッチを生んできたのでしょうね。

 

最近では日本でも純粋なITベンチャーが増えてきていますので、SEというような中途半端な職業よりも、プログラマーを目指す方が成功確率は高まると個人的には思っています。

 

孫請け企業の場合

以上のように私の体験を書いてきましたが、上記のような中間管理職コースを目指せるのも下請け企業までで、孫請けともなると、さらに厳しい状況だと感じました。

 

実際、私が勤めていた会社の協力会社さん、つまり孫請け会社さんには、50代と思われる方も何人かいましたが、毎日やっている仕事はひたすらコーディングとテストです。

 

そして、元請けの若い社員がマネージャーを務めるチームのメンバーとして組み込まれて働いていくわけです。

 

ですから、いつになってもマネージャー的な役割で仕事をする機会がないというのが現実ではなかったかなと思います。

 

また、年齢が高いというだけで、若いマネージャーからは嫌がられますので、仕事のピークが過ぎて一番先に他の現場に移っていくのもこの人達でした。

 

「IT土方」と呼ばれるタイプの人達にとっては、定年説というのは、日々プレッシャーとして感じることもあるかもしれません。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア