SEを辞めるなら早いうちから準備を始めよう!

SIerのシステムエンジニアを辞めるなら今

SIerはITゼネコンなどと批判を受けてきたわけですが、それでも下請け構造によって多くの雇用を生み出してきたことも事実です。

 

ですが最近では、

  • インドの技術力が高く賃金が安いIT技術者を活用したオフショア開発
  • クラウド、スマートフォンの台頭
  • 下請け構造の崩壊

というようなことが、目立って取り沙汰されてきました。

 

有識者達も「早くSI業界から抜けだした方が良い、日本のIT技術者の多くは必要なくなるかも」と発言し始めています。

 

もちろん、これまでも上記のような動きがSI業界を脅かすと言われてきてはいましたが、どちらかというと「SI業界に改革や改善を望みたい」というような声が多かったような気がします。

 

ところが急に危機感が顕著になってきているのは、やはり時代のスピードが変わったからでしょう。

変化のスピードが変わった!

 

「本当にSI業界から抜けだした方が良いのか?」「SEから転職した方がいいのか?」

 

それは誰にもわかりません。
最終的には色々な方の意見を取り入れて自分で判断するしかないと思います。

 

最近のSI業界についてのコメント

(1)日本のIT技術者はもういらない?
インドや中国の安い人件費を狙ったオフショア開発の今後についてが書かれています。

 

〜引用ここから〜
「オフショアの拡大で国内ITサービス市場の雇用吸収力は確実に減る。ITゼネコンモデルの維持もできなくなる」とガートナージャパンの足立祐子リサーチ部門ソーシングリサーチディレクターは断言する。
〜引用ここまで〜

 

(2)SI業界からはさっさと抜けだしたほうがいい
かなり刺激的なタイトルです。これからは新しいビジネスを考えることができるプログラマを目指しましょう。

 

〜引用ここから〜
未来のある業界なら、悪いところは改善していくべきだと思いますが、未来のない業界なら、だめでも放置しておけばいいと思うんだよね。情熱は、未来のある分野に向けたほうがいい。
〜引用ここまで〜

 

(3)もしもIT業界の下請け構造が崩壊したら
下請けの崩壊は多くの失業者を生み出しかねない大きな問題です。

 

〜引用ここから〜
非効率極まりない下請け構造でシステムを作る時代が過ぎ去り、プロがはじめから高い品質を提供できるSaaSの時代が到来しているよ、と。ユーザーは必要最低限の投資で済む為、よりスリムで堅牢な企業体になる。IT屋も全部自分で出来るしお客さんが喜んでくれて嬉しいよねというWin-Winなシナリオ。
〜引用ここまで〜

 

変化に備えよう!

これらの記事を読んでみての私の率直な感想としては、変化は確実にジワリとやってきて、その割を最初に食うのは大手SIerではなく、間違いなく下請け・孫請け企業からということです。

 

オフショア開発が始まれば、大手ベンダーはこれまでの人員を海外に向けるだけです。
取り残されるのは国内でコーディングやテストをやってきた下請け・孫請けの企業ではないでしょうか?

 

取り残されるどころか、インドや中国との安い人件費との競争にさらされた場合、中小のソフトウェアは耐えることができるでしょうか?かなり疑問です。

 

国内における急激なピラミッド構造の崩壊が始まる前に、今後のライフプランについて本気で考えてみましょう。余裕のある時しか正常な判断は難しいと思います。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア