SI業界の構造を知らずに就職すると確実に後悔します

知らないと一生後悔するITゼネコンの構造

SEとしてプロジェクト現場に配属されてから、一番驚いたのがITゼネコンと呼ばれる下請け構造を目の当たりにしたことでした。

 

「ITゼネコン」という言葉の意味は検索すれば、たくさん出てきますが、ここはわかりやすくまとまっていたWikipediaさんにお願いしたいと思います。

 

〜〜〜引用ここから〜〜〜
建設業界のゼネコンと同じように、情報処理産業において官公需を独占する大手のシステムインテグレーター(SIer)の事。またはそれらが形成する多重の下請け構造の事である。
(中略)
NTT系列や国内大手ITベンダー(日立、NEC、富士通)の三社、外資系ベンダー(IBM、HP、Sunなど)系列のSIerが大手の顧客を囲い込み、インフラ構築からコンピュータ機器の設置、納入後の運用メンテナンスに至るまでを一括受注して利益を得ており、実際のプログラミングやテスト作業を中小のSIerに丸投げしている状態となっている。
〜〜〜引用ここまで〜〜〜

 

要は大手ITベンダー(元請け)が仕事を取ってくるけど、自社の社員だけでそんな大きなシステムを作るのは硬直化している日本の労働市場(簡単にクビを切れない)では人件費的に不可能だから、下請け企業を集めてそちらに仕事をさせるという構造のことですね。

 

下請け企業のSE

私が入社したSIerは残念ながら大手ITベンダーではなく、上記のどこかの下請け企業(協力会社)でした。

仕組みはどうなっているのか?

一応、東証一部上場だったのですが、そんなことは関係ありません。下請け企業は、それなりの仕事しかできないのです。

 

さらに、うちの会社が提携している協力会社も存在しています。※トップから見ると孫請け

 

例えば、実際の現場に100人の人間がいるとしたら、元請けの人間は5人から10人ほど。
あとは全て下請け・孫請け企業の人間で構成されます。

 

大手ITベンダーの社員が全体のリーダー的役割を担い、下請けは各社ごとにサブシステムを任されます。

 

そのサブシステム内で、下請け企業はリーダーシップを自由に発揮できますが、孫請けともなるとプログラミングやテストばかりが主な仕事となってしまいます。

 

客先との打ち合わせができるのもサブシステムを担当している下請けまで。
孫請けはマネージメントスキルを磨く機会が少ないので転職市場でも不利にならざるを得ません。

 

コーディングやテスト要員のことは、ネットではITゼネコンにちなんで「IT土方」なんて言われていますよね。

 

そして、ピラミッドの一番上以外は、客先では自分の会社名すら名乗れません。
下請け・孫請けの社員は、名前だけは元請け企業の社員という扱いなのです。

 

私自身もそうでしたが、こうしたピラミッド構造を知らずに、どこぞのSIerに入社してしまうと非常にギャップに悩むことになります。

 

また「有識者のITゼネコンに対する評価」も見ておくと、もっと大きな視点で仕組みを理解できると思います。

 

SIerでSEになるなら

SIerに入社して無難にSEとして勤め上げていくなら、なるべくピラミッドの一番上に属する会社に入る方が効率的であることには間違いないと思います。

 

大手ですので給料や福利厚生も恵まれています。

 

仕事の楽しさ抜きに会社員としてやっていくだけなら、小さな不満はあれど、特に大きな不満はないのではないでしょうか。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア