SEをやると長時間労働に慣れます!

過酷な残業でワーカホリックの精神だけは身につく

SEという仕事の特徴というか、SI業界全体の特徴として「とにかく拘束が長い」という点が挙げられると思います。

 

つまり残業時間がものすごいことになるのですね。

 

月に50時間というと、1日にだいたい2時間ちょいの残業ということになりますが、多いと思うでしょうか?それとも少ないでしょうか?

 

業界人にとっては「少ないね」という感想を言う人がほとんどだと思います。
忙しい時には平気で残業時間が100時間を超えてくるのがSEという仕事の特徴なのです。

 

22時が定時

私が配属された最初のプロジェクト現場というのは、とにかく忙しい現場でして、毎日の残業が当たり前の現場でした。

 

朝9時に出勤するのは、他の会社と変わらないのですが、帰りの定時がおかしいのです。
みんな20時になっても21時になっても帰りません。

 

ようやくと22時を過ぎてから、家の遠い人がポツポツと帰り始めるという、そんな状態でした。

 

帰りの定時は22時でした。

 

それでも22時30分くらいまでは、帰りづらい雰囲気が漂っているのです。本当におかしな現場ですよね。

 

ですが、人間というものは環境に慣れる動物らしくて、みんながそうだと自分も次第に残業が当たり前の生活に慣れていってしまうのですね。

 

気がつけば23時なんてことは、しょっちゅうあったような気がします。
上司は、22時前に帰ろうものなら「お疲れ様です」と声をかけても無視する始末。

 

23時過ぎになると、ようやくとOKサインなのか、部下に「そろそろ帰ろう」と優しく声をかけてくることが多かったです。

 

上司としては、自分が先に帰るわけにはいかないので、部下を先に帰すという意味もあったと思います。

 

まぁ、とにかく拘束が長い職業だったと思います。おかげで何時間働いても弱音を吐きづらいというワーカホリックな身体と精神にはなりました。

 

私がSEを辞めて起業してから一番役に立ったスキルというのは、この「長時間の労働耐性」だったというのも、あながち皮肉でも何でもないのです。

 

体調には十分に注意

ですからSI業界全般的に、体調を崩してしまう人も多かったと思います。

 

私は心の病関係は大丈夫だったのですが顔にシビレが出始めるなど、もう少し仕事を続けていたら、もしかしたらどうにかなっていた可能性があったかもしれません。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア