配属先によってSE人生が決まります

現場のプログラム言語は冗長でレガシーなコボル

SEにとって、自分では決められないけど、非常に重要なポイントというものがあります。

 

それは「配属されるプロジェクト現場で何のプログラミング言語を使用しているか?」ということです。

どれを学ぶかは非常に重要です

 

例えば、最初に行ったプロジェクトではJAVAが使われていたとしたら、おそらくそのSEは今後もずっとJAVAの開発現場に行かされる可能性が高いです。

 

やはり新しいプログラミングを習得するまでには、最初の数十時間、数百時間という単位で学習のための時間投資が必要ですから、企業としては各SEが担当する言語をコロコロと変えていては非効率なのです。

 

ということは、ずっとSI業界で働いていくとしたら、10年から20年という長さで最初のプログラミング言語に携わっていく可能性もあるわけです。

 

転職の際にも、やはり前職で使っていた言語が評価されますから、下手をすれば「最初に携わった言語を一生使っていく」ということも考えられるのです。

 

これは「業務知識」も同じ考え方となります。

 

最初に保険のシステムを開発している現場に配属されたら、その後もずっと保険の業務知識を活かしたプロジェクトを渡り歩いて行くのです。

 

COBOL

私が最初に配属された現場で使っていたプログラミング言語は、何とCOBOLという古いものでした。

 

当時はJAVAなどが注目を集めていた時代でしたので、非常にガッカリした記憶があります。

 

とにかく冗長で使いづらいし、何よりSIerを辞めてしまったら、コボルのようなレガシーなプログラミング言語なんて使う機会が一切ないのです。
フリーの現場では逆に重宝されることもあります

 

ですから、今になって思えば「JavaScript」や「Perl」「PHP」を仕事として現場で学ばせてくれていたら、どんなに「その後が楽になっただろう」と思ってしまいます。

 

上記のようなプログラミング言語でスキルを磨いておけば、比較的、質の良いベンチャーに入り直すことも可能です。

 

またインターネットで自作のウェブサービスなどをローンチする時も、使用するのはやはり「JavaScript」「Perl」「PHP」といったあたりが中心になるのですね。

 

私が最初に学んだのはCOBOL。
後からPHPを中心として独学で学び直しましたが、マスターするまでには、ものすごく時間がかかりました。

 

プログラミング言語においては、少々、運がなかったなと今でも思っています。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア