アフィリエイトで起業しました!

アフィリエイターとして起業して代表取締役へ(Vol3-1)

アフィリエイトは儲からない!」と聞いたことがありますが、一部の人はかなり儲かっているみたいですね。

 

加藤さんはサラリーマンSEからアフィリエイトで会社を法人化させて代表取締役になった方です。

 

SEから起業を目指されている方にとっては参考になると思います。
それでは、さっそく加藤さんのプロフィールを確認してみましょう!

 

加藤さんのプロフィール

  • 年齢:29歳(転職年齢26歳)
  • 職業:SE⇒アフィリエイター
  • 年収:300万円台⇒1000万円超
  • 資格:簿記3級、経営学検定初級
  • 家族構成:既婚(子供なし)
  • 利用したサイト:なし
  • 満足度:90点

 

アフィリエイトで起業して法人化までした加藤さん(全4回)

◆前職についてお聞かせください。
前職は東証一部上場のSI(システムインテグレーション)をメインとした会社に勤めていました。

 

社員数は1000人ほどいましたけど、ITバブルがはじけて一気に人数も業績も右肩下がりになっていった印象があります。

 

そこで、3年間SE(システムエンジニア)として、プロジェクトの現場で働いていました。

 

◆どんな仕事内容だったんですか?
リース会社の社内システムを作っていました。

 

リースは一応、金融系なので、プログラムを作る大変さよりも、業務知識を覚えるのがとにかく大変でした。

 

◆SIはどこもみんなそうなんじゃないでしょうか。
そうですね。そうおっしゃる方はすごく多いと思います。

 

◆ところで、そのプロジェクトは、現場に出向いていたということは数社が集まった共同プロジェクトだったのですか?
前の会社の場合は、1部上場と言えども、超大手ではなかったのでクライアントからの直案件ではなかったですね。

 

だいたいこの業界の常識として、NDとかNとかFとかの超大手が仕事取ってきて、プロパー社員の少人数だけで取り仕切って、関連会社に作業を振るというものだと思うんですが、まさに、その例に漏れずって感じでしたね。

 

だから、うちの上にいた超大手が10社くらいの関連企業や提携会社に、サブシステムごとに仕事を割り振ってやってました。

 

うちは、その10社のサブシステムのひとつをやっていたということですね。
大部屋に詰め込まれて、その10社が仕事してるんですよ。

 

そう言いつつも、うちの会社にも関連企業がいて、その同じ現場で、うちの社名を使って仕事しているわけです。

 

その人たちは、自分達から指示や情報が伝わって、まさに伝言ゲームのようでした。笑

 

関連会社って、聞こえのいい呼び方しているけど、要は下請け、孫請けの関係。完全なピラミッド構造。

 

超大手が親、うちが下請け、うちの関連会社が孫請けです。

 

現場に行きたての頃は、なんか気持ち悪いなって思ってましたし、年上の関連会社の社員ががポジション的には自分の下になっちゃったりして、とにかく複雑な人間関係でした。

 

◆何か資格は取りましたか?
いえ、まったく。
現場に出てからは、SQLとかACCESSとか、実戦で使える勉強しかしないタイプでした。

 

だから、今辞めているのかも。笑
でも、入社する前に「基本情報(※基本情報技術者試験、旧2種)」くらいは、取っておいた方が良かったなって思ってましたよ。

 

直接に役立つかどうかはわからないけど、勉強することで、人間としての何かが変わってくると思いますね。

 

こういう心境は、辞めた後で学んだことですけどね。

 

仕事に満足できなかった前職(Vol3-2)

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア