ホームページ製作で起業しました!

スキルを活かしてホームページ制作会社として開業(Vol4-1)

本当に小さなベンチャー企業で社内SEとして働いていた吉川さんは、前職で身につけたスキルを元にしてホームページ制作会社を立ち上げたところだそうです。

 

どのような経緯で開業することになったのかを聞いてみたいと思います。
まずは吉川さんのプロフィールをチェックしてみましょう!

 

吉川さんのプロフィール

  • 年齢:33歳(転職年齢33歳)
  • 職業:社内SE⇒ホームページ制作会社を開業
  • 年収:400万円台⇒未定
  • 資格:簿記3級
  • 家族構成:独身(実家)
  • 利用したサイト:なし
  • 満足度:20点

 

ベンチャーからHP制作会社開業へ(全3回)

◆まずは、前職についてお聞かせください。
ある専門的なジャンルで会社を興していた起業家の事務所にスタッフとして参加していました。

 

社員数は3名でしたが、会社の雰囲気は、ちょっと微妙な感じでした。

 

微妙というのは、社員以外にも外注スタッフさんなどが数人いたのですが、自分以外の方はその起業家にゴマすりまくりだったんです。

 

正直その起業家の方は仕事があまりできないというのが、ぼくの印象だったのですが、周囲は『○○さん(時には○○先生)は、「すごい!」とか「さすが!」』など、見え見えのお世辞で、まさに取り入ろうという感じでした。

 

その中で、ぼくだけが冷静みたいな。笑

 

◆ひとりだけ冷静で何か周囲とのコミュニケーション不足は起きませんでしたか?
ぼくの場合は、社内で唯一のエンジニア(IT担当)で、インターネットやパソコン関係にも詳しい人材だったので、かなり頼りにされている方でしたね。

 

かといって、威張ってたり、傲慢になっていたわけではありませんけど、なんというか、ゴマすりで成り立つのは大企業病だという考えがありますので、そこだけは会社の方針ではなく自分の方針として崩したくなかったんですよね。

 

今では、少人数でも社長がしっかりしていないと、大企業病のようになるんだという良い経験をさせてもらったと思っています。

 

◆その中で、ご自身のお仕事は何をされていたのでしょうか?
そうですね。
先ほども少しでましたが、社内ホームページの修正やお客さんのサイトの新規作成とそのコンサルをやっていました。

 

あとは会社のIT関係は全般やっていましたね。

 

◆いわゆるベンチャー企業ということでお仕事の方は忙しかったのではないですか?
それが、それほどでもなかったんですよね。
基本的に残業は、1時間程度だったので、むしろ楽な方でしたね。

 

忙しい時でも、ビル全体が閉まってしまうので、3時間以上できなかったんですよ。笑

 

◆その時に勉強されて取得した資格等はありますか?
将来、経営者になりたいという目標がありますので簿記3級を取りました。

 

起業は残業という感覚がない日々(Vol4-2)

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア