独立系に転職するという選択肢

独立系のソフトウェアハウス

SEをやられている方の中には、とにかく元請けだろうが下請けだろうが、とにかくITゼネコンから離れたいという方も多いのではないかと思います。

 

私の会社の同期の友人は、当時は下請け企業のSEとして働いていましたが、元請けである大手のSIベンダーを目指すというわけでもなく、独立系のソフトウェアハウスに転職して非常に満足した仕事ができているようです。

 

ITゼネコンのピラミッドの何れかで仕事をしていると、ついつい一番上の大手SI企業に転職することが成功のように思ってしまいがちですが、友人のように思い切ってそこを離れてしまうのも賢い選択肢のような気がします。

 

独立系とは?

独立系というのは、親会社の資本に依存しているとか、大手メーカーのSI事業部であるとか、そういう形態ではなく、自社の経営方針に基づいて運営されている会社のことです。

 

どこにも依存していない会社

 

また、官公庁とべったりになって、そこから税金で賄われた報酬を受取り、下請け企業に仕事をさせるようなピラミッドを構築している会社でもありません。

 

独立系は、技術者の育成を前提として自社開発しているため、純粋にプログラミングなどのスキルを深めていきたい人には、成長を実感しながらやりがいのある仕事に取り組んでいけると思います。

 

安易に大手SI企業の下請けとなり受注をすることを嫌って経営されている会社が多いので反ITゼネコンのポジションを取っている会社も少なくありません。

 

社員数は100人くらいと会社の規模も大きくなく、大手SI企業と比べたら会社の知名度・安定度はありませんが、仕事の質で選ぶなら独立系の方が良いのではないかと思います。

 

そうは言うけど

ただし独立系と謳っている会社であっても入社してみたら、ITゼネコンのピラミッドの中に放り込まれるケースもあります。

 

その点は十分に確認しておく必要があると思います。

 

そうなってしまうと、おそらくは大手ベンダーの下請けか孫請けという仕事が待っていますので、転職前と変わらないか、もしくは状況が悪化してしまう場合もあります。

 

前回は、自らの情報収集不足でITゼネコンに組み込まれてしまったわけですので、そこから脱出するためには、同じミスをしないように、しっかりと情報を集めて分析しましょう!

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア