転職エージェントの非公開情報の活用方法

非公開求人(クローズド案件)はこう利用しよう!

転職サイトには乗らない非公開求人(クローズド案件)というものがあります。

 

私が転職した時は、「なぜ非公開にするのだろう?」と思っていましたが、自分が会社内で採用に回る立場になってみると、そっちの方がいい場合があることに気が付きました。

 

非公開求人にする理由

 

なぜ非公開が便利なのか?

まず前提として、

  • リクナビ
  • @Type

などの大手転職サイトに募集をかけると、とんでもなく大量の応募があります。

 

その中には、

  • 条件にマッチしてないのにとりあえず応募してくる人
  • このキャリア本当かな?という人

まで様々な人が応募してきます。

 

例えば、「社内SEに5名欠員が出てしまった」なんて言う場合は、大手転職サイトで広く応募するのが良いのですが、下記のような特定の条件の時は、それだと逆に手間になってしまうのです。

 

その特定の条件というのは、「1名どうしても「ノーツ」が分かって英語が話せるエンジニアが欲しい」という場合などです。

 

この場合は、転職サイトで募集せずに、転職エージェントのみに非公開で依頼することが多いです。

 

手間を省く為に数を絞りたい

やはり数が多くなると、

  • 履歴書チェック
  • 面接

と、手間が増えてしまいますからね。
大手転職サイトからは、募集しづらくなってしまうのです。

 

その点、転職エージェントだとある程度フィルタしてくれるので、技術的にはマッチした人材が最初から絞りこまれてきます。

 

後は、自分の会社と合った人材かどうかという部分を焦点にして、採用面接をしていけば良いだけなのです。

 

クローズドの方が厳選求人が多い

上記の例のように、エージェントが持っている求人は、厳選採用のものが多いです。

 

なので、転職活動をしている時は、大手転職サイトを眺めているのもいいですが、数社の転職エージェントに登録して自分にマッチしたクローズドの求人を探すのも有効なのです。

 

特にSEの中でも英語力が強い人材は、この手の引き合いが多いと感じます。

 

エージェントも得意不得意なジャンルがある

また、転職エージェント側でも得意分野があります。

  • 外資系が得意
  • 大手企業が得意

など抱えてる非公開求人にも違いがでますので、自分が目指したい会社にマッチしたエージェントを探す必要もあります。

 

ただし、私もそうでしたが、「SEが続けられればどこでもいいかな」と思うのであれば多くのエージェントに登録してみるもの手です。

 

各エージェントは顧客のクローズド案件を持っているので、、それがたまたま自分にマッチしている可能性もありますからね。

 

それに求人側の立場からすると今は募集していないけど「こんな人材いればいいな〜」なんてことをエージェント側に伝えていることもあります。

 

そんなケースで面接し採用した事も実際にあるので、調整できる範囲でエージェントに登録することをお勧めします。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア