転職求人サイトとエージェントの活用方法

エージェントと転職サイトのサービスの違い

SEに関わらず、どの業界にいる方でも「転職したい」と思ったらまず、

  • 転職エージェント
  • 転職求人サイト

のどちらか、もしくは両方を活用すると思います。

 

ところで、この2つの違いって何でしょうか?
両サービスとも「転職したい人のお手伝いをする」という点は変わりません。

 

それでは何が異なるのでしょうか?

 

企業が転職サイトを使うケースはどんな時?

まずは、転職求人サイトの特徴です。
一般の会社が求人サイトを使う時は以下の2つのパターンです。

 

(1)大量募集の時

一気に1つの部署で10名〜20名など多めに募集するときがあります。
そんな時に活用するのが求人サイトです。

 

具体的な転職サイト名としては、

  • リクナビ
  • @Type

に求人を掲示すると大量の応募があります。
やはり人数をそろえたい時は転職求人サイトに限ります。

 

ただし、送られてくる大量の履歴書と職務経歴書の確認に追われることになるので、人事担当者は一気に忙しくなります。

 

(2)色々なタイプを採用したい時

新規事業などをする時は「求人のタイプを固定化させたくない」という要望があります。
そんな時にも求人サイトを活用します。

 

例えば、SEの場合でも、

  • 学歴不問
  • 未経験者歓迎

などの求人を出すと、元板前さんとか元自衛隊員の方など異業種の人材が応募してきます。

 

このことについてはメリット・デメリットありますが、
「組織が硬直化してるなぁ」
と経営者が感じた時に試されることが多いようです。

 

転職エージェントを通して人材募集する時とは?

エージェントを活用するケース

(1)1人募集などの少人数の時

特殊技能を持っている人など、ごくごく少数の人を探すときは転職エージェントに話を持っていきます。

 

例えばフランス語が話せるシステムエンジニアが欲しいとなると、そういった方が登録していそうな専門のエージェントに声をかけるのが一番効率的です。

 

(2)エグゼクティブクラスの場合

年収1000万オーバーなどの求人の場合もエージェント経由となります。
エグゼクティブは職種も限られているので、転職サイトに掲示してもマッチする可能性が低くなるのですね。

 

また、転職エージェント利用をする転職者の立場から見ると、エージェントの方が自分にマッチした求人をドンピシャで教えてくれるというメリットもあります。

 

エージェントもビジネスですから、より内定を貰える会社を紹介しようとしますからね。

 

まとめ

実際の転職の時は、サイトもエージェントも併用して転職活動をする方が、自分の間口を広げることになります。

 

ですが、自分のスキルや経験に自信がある方でしたらエージェントだけでも良いと思います!

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア