賢く転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントに登録すると、

  1. 自分にマッチした職場を見つけてくれて
  2. 面接に受かりやすい用に調整まで

してくれます。

 

そんなメリットも多い転職エージェントですが、このページではデメリットも合わせて紹介していきます。

 

メリット編

まずは転職エージェントのメリットですが、自分のキャリアに合った「転職先企業の候補」を紹介してくれます。

 

企業が欲しい人材を把握している

各エージェントは、クライアントである転職先の企業とダイレクトに話をしているので、そのニーズを明確に把握しています。

 

欲しい人材のニーズ

 

ですから、変な人を企業に紹介するとエージェントの信頼を落としてしまうことになるので、結局は私たちに紹介してくれる企業は、「かなり相互にマッチしたところ」と言えるのです。

 

だからこそ、自分が行きたい企業とキャリアがちょっと違ったりすると指摘してくれたりします。

 

第三者的な意見を率直に知りたい方は、それこそエージェントを利用してみてください!

 

希少な情報を知っている

また、転職サイトに出てこない少数募集の案件を持っていたりします。

 

これは面接に時間を多くかけられない企業が、親密な転職エージェントにのみ依頼をするパターンです。
エージェント側も、お勧めの人材のみを、その企業に紹介しようとします。

 

このように転職エージェントをうまく使えば、転職サイトでは得られない情報に触れられますし、自分に合った転職先を見つけることも可能なのです。

 

デメリット編

次にデメリットですが、転職エージェントは1人紹介すると、クライアント企業から給料の数か月分(年収の数十%)のインセンティブを貰って終わりです。

 

つまりエージェント側は転職させることが一番重要であって、

  • 本当に転職すべきタイミングなのか?
  • 転職先が安定しているのか?

などは保証してくれません。

 

もっと言うと、不安定な中小企業で大量募集している様な会社でも進めてくる可能性があるという事です。

 

実際はそこまで悪徳な事をしてくるエージェントはいないと思います。
ですが、私が思うのは自分が働く予定の会社のことですから、最終的には自分の身は自分で守らなければならないことは心に留めておきましょう。

 

エージェントがいくらお勧めしてくれようとダメな会社はダメなのです。

 

サポートを大事にしているエージェントもある

ただし、私が実際に話しをしたエージェントは、

  • リピート(企業側、転職する側の両方)
  • 口コミ

のことまで考えると、アフターケアまで行っていかないと高い満足度は得られない。
と言っていました。

 

実際、転職してから半年後などに、エージェントと転職した人で面談しているそうです。
それが、

  • アフターサポート
  • 新たな情報収集

につながっているそうです。

 

家族の同意も得よう!

私は会社が倒産して止む無く転職しましたが、転職には家族の同意も必須だと思います。

 

転職エージェントに、

  • 給料があがる
  • 出世が望める

といわれても勢いで決めず、まずは家族とよく話し合いましょう!

 

後悔しない為に

転職には失敗が付き物です。
ですから、エージェントを利用する前に、「今の会社を辞めるのが本当にいいのか」という事をもう一度自分の中で考えて考えをまとめましょう。

 

私の知り合いに、転職して給料と待遇が下がった人もいます。
ただし、その人は諦めずに、再度の転職にチャレンジしました。

 

そして良いエージェントと出会って転職し、結果的に給料が大幅アップしました。
自分に合った形、タイミングで、転職エージェントをうまく利用してみてください。

人生を狂わさずにSEを脱出する方法
1 SEのキャリアを活かして転職
SI業界に見切りをつけたSEが続々と転職している業界はこちら!


2 異業種転職なら社内SEでチャンスをつかもう!
社内SEから異業種を目指す堅実な戦略とは?


3 フリーのシステムエンジニアも悪くない選択肢
正社員でSEをやるより、平均で倍の給料を貰っているフリーのエンジニア